数字(データ)の大切さについて考えよう!

《《《ヤドめで独自お題の回答者ぼしゅうちゅう》》》

やぁん?ヤドエンペラーです。

今日は「数字」についてお話ししようと思います。

f:id:yadomede:20200617010655p:plain

 

なぜ数字(データ)が大切なのか

現状や物事の結果を示す指標の1つ

だからです。

 

例えば,身長170cmの人がある日体重を測ると65kgだったとします。

3か月後に体重を測ったとき,70kgでした。

 

「5kgの体重の増加で,その人は【太った】という認識」をするわけです。

 

もちろん,顔がふっくらしたとか,二重顎になったとか,おなかが出てきたとか様々な外見の変化はあります。

しかし,外見の変化ではどのくらい太ったのか比較ができません。

 

そこで「5kg」という数字でどのくらい太ったかを判別しているわけです。

 

これが,3か月で0.5kgの増加だけだったら,「ほとんど変わっていないな」という認識に変わるわけです。

 

いろいろな側面から数字を見る (具体例で検証)

もう一つ例を出します。

 

Aさんは数学のテストで100点中「85点」をとりました。

そのテストの受験者は40名で「平均点は75点」だったとします。

①この結果を聞いて,どんなことを思いますか?

 

「Aさんは平均点より10点高かったから上位のほうなんだ!」「Aさんは何位くらいだったのだろう」といったようなことを考えると思います。

 

では,情報を追加して,「40名中18位」だったとしましょう。

②この情報を追加するとどんなことを思いますか?

 

「平均点より10点上だったのに,思ったより上位でなかった」と思う人もいれば,「この点で18位ってことはAさんの得点と似たり寄ったりの人が多かったのかな」と思う人もいると思います。

 

このように,情報が増えれば増えるほど,そのデータのもつ意味というものが見えてきます

 

さらに,もう一つ情報を追加しましょう。

「1問10点の問題があり,その問題は1人を除いて0点だった」という情報が加わったとしましょう。

③そうするとどんなことが分析できるでしょうか。

 

「Aさんはその問題以外では5点しか失点していないのだな」とか「その問題で得点した人がトップなのかな」といったことが推定できます。

 

 このように,情報が追加されるごとにいろいろな状況が見えてきます

 

数字(データ)を見るときの注意点

では,数字(データ)を見るときに何を注意すればいいのでしょうか。

 

「見えている数字(データ)だけで自分の必要とする情報が得られているかどうか」

 

さきほどの例でもそうですが,情報が追加されるごとにいろいろな状況が見えてきました。

今自分が持っている情報の量で,果たして十分なのでしょうか?

 

おわりに 

「このことが何の役に立つのか?」

ニュースを見るときに役立つと思います。

ニュースから情報を得るときに数字(データ)が出てくることが多いです。

ニュースではインパクトを与えるなどで,数字(データ)が独り歩きしていることが多いです。

その数字にまつわる情報を様々な手段(ネットで調べるetc)で追加で取得することで情報をより正確に把握できるはずです。

  

情報をより正確に把握して賢くなろう!

 

最後まで読んでくださって,ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

ちょうど1か月前の記事は・・・?

www.yadomede.com